引越し祝いとは

引越しは、新天地への移動など、ポジティブな面を持ち合わせます。
引越し後、知り合いや親戚から、お祝いが贈られてくることがあります。
これを引越し祝いと言います。
引越し先が決まった時に、お祝い事をする場合もあります。
お祝いの基本は、ご自分が希望される品をプレゼントすることです。
もっとも、あまり高価な品を選ばず、出来る限り「すぐに使える品」を選びましょう。
タオル等の形が残るものではなく、油やビールなど、消耗できる品を選びましょう。

引越し祝いは、マナーが大切です。
相手に喜ばれる品物や、あまり高額でない品物を選ぶことが大切です。
生活必需品など、引越し直後に利用してもらえる品物が良いでしょう。
引越し先が決まっていない時は、お祝いを贈ることはタブーです。
引越し当日や翌日など、相手の方が忙しい時は訪問を酒、日が開いた後に訪問しましょう。
お祝いを郵送するときは、事前に相手の許可をもらいましょう。
直接訪問されるときは、個人ではなく、団体として訪問しましょう。

このお祝いの慣習は、日本では冠婚葬祭がルーツです。
一方、欧米から輸入された、クリスマスなどの祝日を祝う習慣も影響しているため、はっきりとしたルーツは不明です。
転居を祝うときは、なるべく相手の気持を考えましょう。
高額なお祝いを避ける理由は、相手の方が「お祝いのお返し」をされる時、高額な出費が伴う事を防ぐためです。
ご自身のお財布を見て、相手の気持にそぐう品を選定しましょう。



▽推奨サイト
赤帽やその他業者の引越し料金を比較できます →→ 赤帽 引越し料金